銀行の不動産担保ローンとは?

そもそも銀行の不動産担保ローンって何でしょう?

まずは、銀行の不動産担保ローンについて少しご説明しておきますね。

簡単に言うと、銀行の不動産担保ローンとは、字のごとく、不動産を担保にお金を借りることができるローンです。

対象は個人・法人両方で、一般的なローンよりかは不動産が担保になることで、多額融資を期待することができます。

担保となる不動産は、自分か所有者から同意を得た土地や建物です。

ただし、不動産を持っていても、銀行が出す評価額の範囲内でしか融資を受けることはできません。

建物が老朽化している場合は、その分評価額も低くなります。

一般的に、銀行が出す評価額の7割程度が融資額の上限であると言われています。

不動産担保ローンを行っているのは銀行だけでなく、その他金融機関でも行っています。

特にABCサニーは低金利で人気のようですね。

これらの不動産担保ローン、条件や審査内容はそれぞれ異なります。

ローンを検討している人は、あらかじめ不動産担保ローンについてよく調べておきましょう。