不動産担保の評価額に関する注意点

住宅ローンと言えば、不動産担保と関連してご説明しておくことがあります。

先にもお伝えしましたが、不動産担保ローンで受けることのできる融資額は、評価額の約7割が限度と言われています。

でも、どんな状態でも評価額の約7割までの融資を受けることができるわけではありません。

問題は、住宅ローンです。

住宅ローンがある場合は、評価額から住宅ローンの残高を引いた額が限度額とされるのが一般的です。

そのため、不動産担保ローンは多額の融資を受けることができると期待していても、もし住宅を購入してまだほとんど期間が経っておらず、住宅ローンの返済が多く残っている場合は、期待するほどの融資額を受けることができない場合がほとんどです。

最悪の場合、住宅を不動産担保とできないこともあります。

住宅を担保に不動産担保ローンを検討している人は、よく注意してください。